アルバイトを仕事内容と雰囲気から探す

「アルバイトの雰囲気」トップページへ
  1. HOME
  2. アルバイトの種類・知識
  3. タイプ別、アルバイト選びの基本

タイプ別、アルバイト選びの基本

アルバイトを選ぶ時ってどうしても悩んでしまうものですよね。
まずは、どんなアルバイトをしてみたいのか、自分の好きな業種は?等じっくりと考えてみましょう。

自分の好きな事を仕事にするのが一番です。
仕事がどんなに忙しくても好きな分野なら続けることが出来るのではないでしょうか。
逆に「仕事は忙しい、しかも興味のない仕事」ではなかなかアルバイトを続けることも難しいでしょう。

例えば「漫画」が好きという方には漫画喫茶や本屋さんなんか向いているでしょうね。
「映画」が好きという方には映画館、レンタルDVD屋さん等をおすすめします。

それから「接客」が好きなのか「モノ作り」が好きなのか「肉体労働」が好きなのか…。
「私は接客は好きだけどモノを作るのは苦手」というように、人には必ず得意、不得意があるものです。

アルバイト選びの基本は「自分が仕事をしていて楽しいのか」「長く続ける事が出来るのか」という2点だと思います。
きちんと自分で考えて答えを見つけてくださいね。

それから自分のライフスタイルについてもきちんと考えましょう。
例えば、1日にどれだけ働くことが出来ますか?
週に何日アルバイトに入る事が出来ますか?
はじめにこの部分をきちんと把握出来ていなければ面接時に困ってしまいます。

例えば学生の方なら学業を優先する事が基本です。
学業が疎かになるような働き方では自分が将来困ってしまうでしょう。
大学生に多いのですが、学校を休んでまでアルバイトに精を出すのはやめましょう。

学校に通っていない、他に仕事もしていないという方は時間的にも長くアルバイトをする事が出来ると思います。
もちろん週に入る事の出来る日数も必然的に学生より多くなるでしょう。
フリーターとして、長時間、長期で働けるアルバイト先を見つけてくださいね。

また、中には将来の夢を持っていてそのためにアルバイトをする方もいらっしゃるでしょう。
アルバイトをする事で同時に勉強も出来るというパターンですね。
例えば将来カフェを持ちたいという方ならカフェでアルバイトをしてみるのが良いと思います。
夢に近い職種を選ぶのが基本ですね。
もちろんライフスタイルについてもきちんと考慮するようにしましょう。

高時給なら派遣Style

高い時給、良い待遇なら派遣です。昔と違い、人手不足で派遣写真への待遇が変わってきています。アルバイトも高時給化。派遣はさらに高くなっています。より細かな条件で探せるのが派遣Styleの良さです。


バイトの応募先