アルバイトを仕事内容と雰囲気から探す

「アルバイトの雰囲気」トップページへ
  1. HOME
  2. 仕事内容
  3. 住み込みリゾートバイトの仕事内容と時給

住み込みリゾートバイトの仕事内容と時給

住み込みのアルバイトは自分に合っている場合、お金が貯まりますし家賃もいらないので2倍おいしいんですよね。

しかし、自分に合っていないアルバイト先では苦痛も2倍になってしまうのでおいしいだけのアルバイトとは言い辛いと思います。

むしろ、毎日が苦痛でアルバイトが終わるころには身体を壊してしまう可能性さえあるでしょう。そのような事にならない為にも住み込みのアルバイトについてきちんと知っておかなければならないのです。

住み込みはリゾート地がメジャー

まず、住み込みのアルバイトというのは「リゾートバイト」が基本です。

他にも出稼ぎ等ありますが、今回はリゾートバイトについて説明させていただきたいと思います。

宿泊光熱費タダでお金も貯まるし遊べる?

「リゾートバイト」というと「住み込みのアルバイト」と言うよりもなんだか楽しいイメージがありますよね。具体的に説明させていただくと、リゾート地(沖縄、北海道等)に一定期間住み込みをしつつアルバイトを行うという事です。もちろん宿泊費と光熱費はかかりませんし賄いまでついている場合があります。

仕事内容は主に観光客向けの施設のお手伝いがメインです。夏の海での宿舎や冬のスキー、スノーボード場などです。

贅沢をしなければお給料をほぼ全て貯金だとかお小遣いに使う事も出来るでしょう。

しかもアルバイトをしつつリゾート気分まで味わう事が出来るという大きな魅力もありますので脱サラをしてまで参加する、なんて方までいらっしゃるんですよ。

リゾートバイトのデメリット

ここまで、リゾートバイトのメリットについて説明させていただきました。

しかしリゾートバイトにもデメリットは存在しているものです。

このデメリットが自分にとって大変苦痛であるならばリゾートバイトは「自分に合っていないアルバイト」という事になるかもしれません。応募をする前によく考えた方が良いでしょう。

環境の変化

まず、大幅に環境が変化してしまうという事です。人間は、慣れた環境にいなければ落ち着かないのが普通なんですよね。ですから初めは寝不足になったり体調不良になりがちです。

集団生活が苦手だと無理

それに、集団生活ですからコミュニケーションをとる事が苦手ではリゾートバイトはとても厳しいと思います。一定期間リゾート地で過ごすのに人間関係でうまくいかないとそれだけで大変苦しい思いをしてしまうからです。

きっちり時間通りに終わるとは限らない

最後に、サービス残業を受け入れる事も時にはしなければいけません。なぜなら住み込みなので勤務時間がどうしても曖昧になりがちなのです。以上がリゾートバイトのデメリットとなります。

こうして書き出してみると、行動派でコミュニケーション能力の高い人がリゾートバイトには向いているという事になりそうですね。

リゾート住み込みバイトの時給

時給は一般的な時給800円クラスからです。特に高額な時給がもらえるわけではありませんが、宿泊費用など一切合切が無料なことを考えると、実質の時給はかなり高額と考えられます。

スキー場なら空いた時間にスキー、スノボもできますし、若い男女なら出会いもたくさんあるでしょう。

温泉施設なら温泉入りたい放題ですし、美味しい地元の料理も食べられます。また田舎の人との交流も楽しいし、都会での仕事に疲れた人が、あえて長期休暇で住み込みバイトをすることもあるくらいです。

高時給なら派遣Style

高い時給、良い待遇なら派遣です。昔と違い、人手不足で派遣写真への待遇が変わってきています。アルバイトも高時給化。派遣はさらに高くなっています。より細かな条件で探せるのが派遣Styleの良さです。


バイトの応募先