アルバイトを仕事内容と雰囲気から探す

「アルバイトの雰囲気」トップページへ
  1. HOME
  2. 仕事内容
  3. 看護師アルバイトの仕事内容と注意点

看護師アルバイトの仕事内容と注意点

看護師のアルバイトというのは聞いた事があると思います。とても人気の高いアルバイトでもありますね。
では今回は、看護師のアルバイトの仕事内容とそのメリットとデメリットについて説明させていただきます。

仕事内容は特に書く必要もないかと思います。というのも、誰もができる仕事ではないからです。

看護師という資格がないとできないので、その資格があるということは仕事内容も知っているからですね。看護学校などで習う内容を現場で行うことになります。

もちろん学校で教えてもらえないこともたくさんあります。特に患者さんやお医者さんとのコミュニケーションは実際はとても難しいです。病院という特殊な環境にあるため、普通の感覚ではコミュニケーションが成り立たないことが多々あります。

器具の管理、消毒、整理、資料の整理と運搬、ナースコール、朝礼、ミーティング…仕事内容と一口に言えないほどたくさんやることがあります。本当に大変なのですが、正社員として働くより、アルバイトとしてのほうが融通が効くことが多いので、その点では看護師アルバイトはまだ楽なほうかもしれません。

メリット1「時間に融通が効く」

まず、メリットですが、先に少し書いたように、1番に「時間に融通がきく」という事があげられると思います。自分の都合に合わせて好きな時間に働く事が出来るのです。

それだけではなく、週に1度や月に1度のお仕事という働き方も可能です。子育てで忙しい、扶養内で働かなければいけない主婦の方には大変嬉しい制度ですよね。病院はどこも看護師不足なので、こういった融通が効きやすいです。アルバイトという働き方だとなおさらその傾向が認められやすいです。

それから看護学生やもう一度看護師として復帰したいという方は病院の雰囲気を自ら体感する事も出来ます。
お子さんを出産して子育てが落ち着いた、家計の足しにしたい、好きなものを買いたいといった場合、看護師の経験がある人はすぐにアルバイト先を見つけることができますし、現場でも重宝されて一石二鳥です。

看護学生の場合、学業との両立は難しいかもしれません。そんな時には長期休暇を活用しましょう。現場を体験しておくことで将来のためにもなりますよね。それでいてお金も稼げるのでこれも一石二鳥にです。

メリット2「時給が高い」

そして最大のメリットは時給が高いという事です。
他のどんなアルバイトと比較してみても看護師のアルバイトは断トツで時給が高いんですね。
理由はやはり「有資格者」であるという事。夜勤のお仕事の場合は1回勤務をすると3万円ものお給料がもらえる、なんて事もあるんですよ。

このようにたくさんのメリットのある看護師のアルバイトですが、もちろんデメリットも存在しているのが事実です。
それでは、デメリットについても少し紹介させていただきます。

デメリット1「仕事内容が単純になるかもしれない」

まず、物足りなさです。
どうしてもアルバイトという事でお仕事内容に単純作業が多くなってしまいます。正規職員の看護師さんは全ての業務をこなしますが、アルバイトということで作業内容がある程度制限されていることがあります。
ですからアルバイトとして長期間就業をしているうちに物足りなさを感じてしまうという方も多いんです。

看護師として働く方の中にはやりがいを求めている方も大勢いらっしゃるでしょう。そのやりがいを感じられない事がデメリットとなる訳ですね。
ただ正規の職員となるとそれだけの責任と仕事量になるため、時間の融通が効くことを大事にしたい人には仕方がないことです。

デメリット2「保証がない」

そして、保証がありません。保証がないという事は安全性に欠けているという事ですね。
しかし就業する期間によっては社会保険に加入出来るする場合もありますからきちんと調べておきたいですね。

ただこれもアルバイトの看護師として働く場合は気にすることはないと思います。それに今はどこの病院も看護師不足なので、アルバイト先が見つからないということは地域差は別にしてあまりありません。
看護師の求人登録サイトに登録しておけば、かなりの求人があることが分かると思います。

高時給なら派遣Style

高い時給、良い待遇なら派遣です。昔と違い、人手不足で派遣写真への待遇が変わってきています。アルバイトも高時給化。派遣はさらに高くなっています。より細かな条件で探せるのが派遣Styleの良さです。


バイトの応募先