アルバイトを仕事内容と雰囲気から探す

「アルバイトの雰囲気」トップページへ
  1. HOME
  2. 仕事内容
  3. 映画館のアルバイトの仕事内容と注意点

映画館のアルバイトの仕事内容と注意点

アルバイトをする場合は、自分の好きな事をお仕事にすると良いでしょう。
ですから、映画が好きという方には映画館でのアルバイトをおすすめいたします。
基本的なお仕事内容ですが、チケットの販売と案内、チケットのモギリ、グッズ販売、飲食物の販売、清掃などが挙げられます。

チケットのモギリとは映画館の入り口に立ってチケットの半券をもぎ取るお仕事です。
一度でも映画館へ行った事があるという方は劇場の前で「モギリ」をしているアルバイトさんを見たことがあると思います。
比較的映画が始まる直前に行うお仕事ですね。

案内については、館内の利用方法と上映時間についての案内が主なお仕事です。
接客ですから、もちろんコミュニケーション能力が必要となります。

グッズというのは映画のパンフレットを中心に映画関連の商品を販売するお仕事です。
有名な映画であればそれだけ商品も数多く販売されるでしょうし、映画を見た後は必ずパンフレットを購入するというお客さんも結構いらっしゃると思います。

飲食物は、映画館の定番商品であるポップコーンやドリンクの販売ですね。
主にアルコールは取り扱っていないのですが最近の映画館の中にはアルコール(主にビール)を販売している場合もあるようです。唐揚げなんかと一緒に売ってたりで、好きな人には嬉しいですね。

清掃のお仕事ですが、快適な劇場を保つためにもしっかりと行う必要があります。
お客さんの中には劇場が暗い事を逆手にとってゴミをポイ捨てする方もいらっしゃいます。
もちろんマナー違反ですが次のお客さんのためにもスタッフがしっかりとゴミはゴミ箱に入れておかなければいけませんね。

普通、アルバイトが任されるケースはあまりないのですが、上映の管理もお仕事の一つです。

映画館のアルバイト求人は、アルバイト情報誌やアルバイト求人サイトにて見つける事が出来ます。
映画館があまり大きくない場合(ミニシアターと呼ばれています)は映画館の受付に求人情報が貼られている場合もあるでしょう。
ただし、時給に関しては大型の映画館の方が高くなる傾向にありますのでしっかりと調べてから応募をしてくださいね。

高時給なら派遣Style

高い時給、良い待遇なら派遣です。昔と違い、人手不足で派遣写真への待遇が変わってきています。アルバイトも高時給化。派遣はさらに高くなっています。より細かな条件で探せるのが派遣Styleの良さです。


バイトの応募先