アルバイトを仕事内容と雰囲気から探す

「アルバイトの雰囲気」トップページへ
  1. HOME
  2. 仕事内容
  3. コンビニバイトの仕事内容と注意点

コンビニバイトの仕事内容と注意点

コンビニエンスストアでのバイトというのは一般的に知名度が高いですよね。
私も昔、2件程コンビニでアルバイトをしていました。

接客業の中ではやりやすいほう

まず、仕事内容ですがやはりレジと接客がメインとなります。レジは、バーコードを通るだけですから簡単です。

ただ、はじめは緊張もありなかなかうまく出来ないかもしれません。慣れるまでは少しだけ苦労をする事もあるかもしれませんね。たまにうまくいかなくてお客さんがレジ前に行列…なんてことにもなって焦ります…機械系があまりにも苦手すぎて苦手すぎて、という人にはやや厳しいのかもしれません。

接客をする際に一番大切なのは元気なあいさつです。たまにコンビニ店員さんがムスッとしていて感じが悪い事もありますよね。そうなるとお店の評判も落ちてしまいますしもちろん店長さんやオーナーさんにも怒られてしまうでしょう。
恥ずかしい気持ちもあるかもしれませんが出来るだけ元気にあいさつをしましょう。慣れてくると爽やかなあいさつをする事が気持ちよく感じると思いますよ。

居酒屋さんとファーストフード店までの愛想と元気の良さは必要ありませんので、笑顔と元気いっぱいまでは苦手だなあ…という人も苦労なくできると思います。

やることはとても多い

ただ、レジと接客だけがコンビニバイトの全てではありません。その他に商品の整列や補充、店内清掃もしっかりと行う必要があります。
調理師免許はいらないのですがファーストフードを調理するのもコンビニバイトのお仕事なんです。こうしてあげてみるとなかなか忙しいんですよね。
コンビニバイトなら簡単だろうと感じている方もいらっしゃるでしょうがなかなか大変なのがコンビニバイトの特徴でもあるんですよ。

揚げ物のタイマーが鳴っているのにお客さんが急いでいる…あっちもやってこっちもやって…だから臨機応変に対応する能力は必要です。24時間そうではなくてビジネス街のお昼時とかの繁忙時間帯だけのことですが、そういった能力がある人は店長にすごい重宝されると思います。

学生もフリーターも誰でも仕事しやすい

学生でも気軽に始める事が出来るという事です。24時間営業なのでシフトも自分で決める事が出来て掛け持ちもしやすいと思います。

基本的にマニュアルもきちんと用意されていますし、サポートもしっかりしているので初心者向けのアルバイトだといえるでしょう。

いろいろやることが多いアルバイトですが、そのほとんどが最初は不安を感じていた人ばかりです。考えてもみてください。日本にいったいいくつコンビニエンスストアがあるのか?そのほとんどがアルバイトで営業されています。

つまり、コンビニバイトにすごい能力が求められるのなら、アルバイトの数が圧倒的に足りないはずなんです。だからやってみたら意外にできるもんなんです。大変そうかな…というイメージの割には結構やれる、自信がつくアルバイトだと思います。

高時給なら派遣Style

高い時給、良い待遇なら派遣です。昔と違い、人手不足で派遣写真への待遇が変わってきています。アルバイトも高時給化。派遣はさらに高くなっています。より細かな条件で探せるのが派遣Styleの良さです。


バイトの応募先