アルバイトを仕事内容と雰囲気から探す

「アルバイトの雰囲気」トップページへ
  1. HOME
  2. 仕事内容
  3. ディズニーランドでのアルバイトは「キャスト」と呼ばれる

ディズニーランドでのアルバイトは「キャスト」と呼ばれる

ディズニーランドといえば「夢の国」と呼ばれる事もある日本最大のテーマパークですね。
ファンの数もかなり多く、世界中にファンクラブが存在しています。
そんなディズニーランドで「是非働いてみたいと」感じている方は大勢いらっしゃるでしょう。
実は、ディズニーランドでは「アルバイトさん」の募集も行われているのです。
では、ディズニーランドのアルバイトについて少しだけ詳しく説明させていただきます。

まず、ディズニーランドで働いている人はアルバイトも含めて「キャスト」と呼んでいるという事が大きな特徴です。
キャストとは「役者」という意味ですね。
そしてお客さんの事は「ゲスト」と呼んでいるのです。
キャストの目的は、ゲストの方に喜んでいただく事です。
夢の世界で、現実を忘れさせる程のマジックを見せるという意味で「キャスト」すなわち「役者」と呼んでいるんですね。
例えば、ディズニーランドには、ホーンテッドマンションというお化け屋敷があります。
ホーンテッドマンションに配属されているキャストは笑わずに低い声で接客を行うのが基本です。
普通、接客は明るく元気に笑顔で、というのが鉄則ですよね。

ただ、ホーンテッドマンションで明るく元気にしていたら「恐ろしい」イメージが抜けてしまいます。
そこで、わざと笑わない、低い声で接客を行うという事を徹底しているのです。
このようなエピソードを聞くと「まさに役者」という感じがしますよね。

ディズニーランドのアルバイトは「接客、専門職、裏方」に分かれています。
「接客」は、アトラクションやパレードの際に誘導をしたりショップの販売員、チケットの販売等を行います。
ディズニーランドの場合、清掃はもちろん警備や駐車場の誘導まで接客のアルバイトとして分類される事となります。
また、清掃スタッフと一口に言いましてもそこはディズニーランドのキャストなので写真撮影や道案内も同時に行わなければいけません。
ちなみに清掃スタッフはスイーピング認定会にて資格を得ると雨上がりに雨水でイラストを描く権利が与えられます。
清掃スタッフの正式名称は「カストーディアル」といって掃除をする他にも様々な業務を行っています。
まさに「夢の国」ならではといった所ですね。
「専門職」はゲストが怪我をしてしまった時に応急処置を行う看護師など「裏方」はキッチン調理や事務仕事、コスチュームの制作等が基本です。

総じて、楽な仕事ではありませんが、充実感があるという声が多いのが人気の秘密でしょう。
お金がもらえる以外の何かを体感できるアルバイトと言えるかもしれません。

高時給なら派遣Style

高い時給、良い待遇なら派遣です。昔と違い、人手不足で派遣写真への待遇が変わってきています。アルバイトも高時給化。派遣はさらに高くなっています。より細かな条件で探せるのが派遣Styleの良さです。


バイトの応募先