アルバイトを仕事内容と雰囲気から探す

「アルバイトの雰囲気」トップページへ
  1. HOME
  2. 応募・面接・辞めるとき
  3. アルバイトを辞める際に説明する理由

アルバイトを辞める際に説明する理由

アルバイトを辞めたい、だけどなかなか言い出せない…と悩んでいらっしゃる方って本当に多いんですよね。

店長に悪いと感じたり、嫌味を言われたらどうしようと思ったり…悩みにも様々な種類があると思います。

では、アルバイトを辞めたい理由のレパートリーについて出来るだけ詳しくお話しさせていただきたいと思います。

やはり、辞める理由がなければなかなか店長も素直に承諾してはくれないんですよね。
アルバイトを辞めたいという方はこれらをよく覚えておくと絶対に役に立つと思います。

1つ目は「学業優先」です。
この理由は学生にとって最も使いやすいものではないでしょうか。

もちろんアルバイト先に不満がある、他にしてみたいアルバイトが見つかったという本音があるかもしれません。
しかし、わざわざそれを言わなくても良いのです。

それを言われると店長の機嫌が悪くなる可能性もありますし「バイト先に不満があるのなら改善しよう!」となるかもしれません。
もちろん改善されるのなら良いかもしれません、しかし必ず改善しよう!と言ってくれるとは限りませんね。

改善をする気もないのに「改善をするからしばらく仕事をやめるな!」と言われる可能性すらあります。
こんな時、学業優先なら店長も「頑張れよ」と言ってくれるでしょうし、円満に辞める事が出来ます。

2つめは「就職が決まりました」という事です。
就職が決まってしまったら当然アルバイトはやめなければいけません。

店長が強く引き留めるなんて事は、よっぽどないと思います。
引き留められても「はいそうですか」とはいかないですしね。
もちろんこの場合、嘘はいけませんよ。
こちらも学業優先と同じで円満に辞める方法です。

3つ目は「親戚や知人、親に仕事を頼まれた」という事です。
「新しいバイト先が出来てしまった」よりも「親戚、知人、親のお店で働いてくれと頼まれた」という方が納得してもらえるのです。

なぜなら新しいバイト先の場合はアルバイト本人と結びつきがないのですが親戚、知人、親の場合アルバイト本人と濃い結びつきがあるからです。

ただ、あまりにも細かい嘘をついて墓穴を掘らないように注意してくださいね。
知人の場合は基本的にどのような知り合いなのかはわざわざ説明しない方が良いかと思います。

高時給なら派遣Style

高い時給、良い待遇なら派遣です。昔と違い、人手不足で派遣写真への待遇が変わってきています。アルバイトも高時給化。派遣はさらに高くなっています。より細かな条件で探せるのが派遣Styleの良さです。


バイトの応募先