アルバイトを仕事内容と雰囲気から探す

「アルバイトの雰囲気」トップページへ
  1. HOME
  2. 応募・面接・辞めるとき
  3. 手書き履歴書の基本的な記入方法

手書き履歴書の基本的な記入方法

基本的にアルバイトをしたい!と思ったらアルバイトを募集している企業に電話をして面接日が決まれば履歴書を持参して面接に行くというのが一連の流れですよね。

この時、電話や面接も大切ですがやはり履歴書を丁寧に記入する事もすごく大切な事なのです。

最近では、履歴書をパソコンで作成する方もいらっしゃるようですがアルバイトの場合、基本は手書きですね。

なので、手書き履歴書の基本的な記入方法について詳しく説明させていただきたいと思います。

まずは必ず黒のボールペンか万年筆で書くようにしましょう。
間違っても鉛筆やシャープペンで書いてはいけません。
もちろんサインペンなんかもNGです。

字に関しては言うまでもないかもしれませんが丁寧に書いてくださいね。
手がインクで汚れていては履歴書も汚れてしまう可能性があります。
よく注意をするようにしてください。

氏名を記入する欄がありますが、ふりがなについては「ふりがな」ならひらがなで「フリガナ」ならカタカナで記入してください。

住所も同じ要領です。

電話番号は、携帯電話の番号の方が繋がりやすいのなら携帯電話の番号でOKです。
マンションやアパートに住んでいる方は、部屋の番号まできちんと記入しましょう。
連絡先という欄があると思いますが、住所と同じなら省略してもかまいません。

証明写真ですが、あまり古いものは避けてください。
最低でも三ヶ月以内に撮影したものを使用してくださいね。
丁寧にきって貼りつけるようにしましょう。

両面テープよりものりの方がおすすめです。
写真を汚してしまわないように気を付けたいですね。
当たり前ですがプリクラは避けましょう。

学歴欄ですが、小学校も含めて正しく記入するようにしてくださいね。
たまに小学校を省略する方もいらっしゃいますが実際は書かなくてはいけないのです。

職歴は「アルバイト歴」「職歴」と分けて記入するようにしましょう。
アルバイトも就職もしたことがないのなら空白でかまいません。

高時給なら派遣Style

高い時給、良い待遇なら派遣です。昔と違い、人手不足で派遣写真への待遇が変わってきています。アルバイトも高時給化。派遣はさらに高くなっています。より細かな条件で探せるのが派遣Styleの良さです。


バイトの応募先