アルバイトを仕事内容と雰囲気から探す

「アルバイトの雰囲気」トップページへ
  1. HOME
  2. 応募・面接・辞めるとき
  3. アルバイトの面接に持参する物

アルバイトの面接に持参する物

アルバイトの面接には必ず持っていかなければいけないものがあります。
もちろん職種やアルバイト先によって様々でしょう。

お問い合わせをした際に教えていただくのが一般的だと思います。
それでも、ある程度は持ち物が決まっているのでここで少し説明をさせていただきたいと思います。

地図

まず、目的地に行くまでの地図です。
最近は、携帯でも地図を見る事が出来ますよね。
携帯を見ながら目的地まで行こう!と決めたのなら面接の何日か前には地図を調べてブックマークをしておきましょう。
当日に調べているのではどうしても焦ってしまいますし見つからない場合もあります。

ただ、携帯は充電がなくなるだとかデータが消えるだとかリスクも高いんですよね。
出来れば紙の地図を持参しましょう。
紙の地図なら落としてしまわない限り安心ですよね。

ちなみに、手書きの地図は分かりにくい場合もありますからプリントアウトする事をおすすめします。
インターネットを持っていないという方はネットカフェを活用してみてはいかがでしょうか。

履歴書

それから履歴書です。
履歴書を持参するというのは面接では当たり前の事ですよね。
「履歴書はいらないですよ」と言われない限りは必ず持参しましょう。
バイトなら手書きの履歴書が基本ですね。
もちろん証明写真を貼る事も忘れないでくださいね。
最近、若い女性に多いらしいのですがプリクラを証明写真の代わりにするのは絶対に辞めてくださいね。

メモ帳

それに、面接で聞きたいことや自分の決意等を覚えておくためにはメモ帳も持参しましょう。
もちろん面接をしている時にメモをとる事も出来ます。
メモをとる姿は真剣で生真面目に見えるので好感度もアップすると思いますよ。

この時に注意したいのは携帯電話でメモをとらないという事です。
やっている事は同じでも年配の方から見るとあまり印象が良くないようです。
メモ帳があるのなら筆記用具も必然的に持っていく事となります。
筆箱まで持参しなくても良いですが黒いペンを1本用意してくださいね。

高時給なら派遣Style

高い時給、良い待遇なら派遣です。昔と違い、人手不足で派遣写真への待遇が変わってきています。アルバイトも高時給化。派遣はさらに高くなっています。より細かな条件で探せるのが派遣Styleの良さです。


バイトの応募先