アルバイトを仕事内容と雰囲気から探す

「アルバイトの雰囲気」トップページへ
  1. HOME
  2. 応募・面接・辞めるとき
  3. 面接の前に決めておくべき事

面接の前に決めておくべき事

アルバイトをする場合、必ずと言っていいほど事前に面接をしますよね。
この場合、「面接の前までに決めておくべき事」が存在しているのです。
では、具体的にどのような事を決めておくと良いのか、少し詳しく説明させていただきます。

短期か長期か

まずは「短期か長期か」という事です。
短期間の場合はいつからいつまで働くのかという事をきちんと把握しておきましょう。
忘れてしまった、では面接の時にあまり良い印象がありません。

勤務できる時間

「勤務できる時間」は決まっているのなら何時から何時まで、決まっていないのなら希望する時間を決めておいてください。
面接の時に決めれば良い、ではなくある程度は決めていないと自分が混乱してしまうでしょう。
週に何日働く事が出来るのかという事もはっきりと決めておかなければいけません。
はっきりとした事が現時点では分からない場合ても、ある程度は決めておきましょうね。

職種

「職種」ですが、いくつかに分かれていて自分で決める事が出来るという事もあります。
そんな場合には、事前にはっきりと決めておいてくださいね。
ただ面接をされる方は基本的に、アルバイト募集の情報を見てあらかじめ決めているものだと思います。

それにほとんどの場合、面接の前のお問い合わせの時点で「どの職種を希望していますか?」と聞かれるんですよね。
なので、面接の前というよりはアルバイト募集の情報を見てその時点で決めてしまいましょう。
選ぶ際に希望の職種から選ぶというのもよくあるパターンだと思います。

何でもいいと答えると向こうの都合のいいところに配置されるかもしれません。ちゃんと希望があるならはっきりと言っておいたほうがいいです。

給料と交通費

最後にお給料と交通費です。
アルバイトの場合、お給料は自分で決めるのではなく大抵が時給だと思います。
それでも、いくらくらい欲しいのかという目安ぐらいは決めておいても良いでしょう。
それに募集をしている時給に幅がある事もありますから自分はいくら位もらえるものなのかを、きちんと考えておくべきです。

面接でいくら時給が欲しいかなんて聞かれることはないでしょうが、時給に不満があるのなら応募自体は控えたほうがいいです。
その仕事がどうしてもやりたいのなら時給は二の次になるから問題無いですが、とりあえず、では続かないでしょう。あとで時給を知って低すぎるから辞めるとか言い出さないようにしておいてください。

交通費ですが、徒歩通勤の場合は関係ありません。
遠距離の場合、車や自転車で出勤しますので交通費はいくらかかるのか事前に調べておいてくださいね。

バイト先それぞれで交通費の出方、有無は違うので、これは面接で確認しておいたほうがいいでしょう。

逆に時給を確認する必要はないと思います。きっちりと募集案内に書いてあるならそのとおりです。あまり確認しすぎると相手に敬遠されてしまいます。
ただ諸条件うんぬんで変化する旨があるなら、そこは面接の場で聞いておいたほうがいいです。後で揉める原因になるところですから、バイト先もそれを聞かれて気分を害することはないでしょう。

高時給なら派遣Style

高い時給、良い待遇なら派遣です。昔と違い、人手不足で派遣写真への待遇が変わってきています。アルバイトも高時給化。派遣はさらに高くなっています。より細かな条件で探せるのが派遣Styleの良さです。


バイトの応募先