アルバイトを仕事内容と雰囲気から探す

「アルバイトの雰囲気」トップページへ
  1. HOME
  2. 応募・面接・辞めるとき
  3. 面接時に注意をする事

面接時に注意をする事

アルバイトをするにはまず面接を受けなければいけません。
そこで、面接の際に注意をしなければいけない事を紹介させていただきます。

まず、自分の都合ばかりを押し付けるのはやめましょう。
やはり会社側の都合もありますし、妥協をする事も覚えなければ単なるわがままとして受け止められてしまうのです。
ただ、面接の時だけ条件を受け入れておきながら後々「実は〜をしていただきたかったんですが…」等の申し出をすると会社側も困ってしまいます。
条件を受け入れる事の出来ない場合は質問をするか、違うアルバイト先を探した方が良いかもしれません。
就職と違って辞めやすいアルバイトだけに、ちょっとした妥協のつもりでも結局嫌になることは多いので、自分の中でこれ以下は辞退する、という線引をして望むといいでしょう。

面接の時間は限られているので必要以上に質問をしすぎるのはやめましょう。
もちろん、自分の中で疑問があるのなら聞いた方が良いですし、一切質問をしないのも印象が良いとは思えません。
ただ「面接の時に聞く事ではないだろう」という事まで質問してしまう方もいらっしゃいます。
どこまで聞いて良いのかは自分でじっくりと判断する事が大切です。

それから何度も同じ話をするのはやめましょう。
一度主張をすれば面接官には伝わるものです。
しつこくすると相手が「おちょくられているのか?」と感じてしまう可能性もありますし、けして印象が良くないんですね。
緊張のせいで同じ話を何度もしてしまう事があるかもしれません。
それを避けるためにも一度自分の頭の中で話す内容を整理しておきましょう

最後に、答えを考えすぎてしまわないように注意しましょう。
面接では考えて答えを出さなければいけない場面もあるのですがじっくり考えすぎると逆に頭が混乱してしまう事もあります。
しかも、面接は時間が決まっているので考えている間にも面接終了の時間は近づいているのです。
せっかくの面接、話しているよりも考えている時間の方が長かったな〜とならないために、落ち着いて面接官の話をよく理解するようにしましょう。

いろいろと書きましたが、落ち着いて面接を受けていたら必ず出来る事ばかりです。
普段通りとまではいかないでしょうが深呼吸をして冷静になって面接に挑むとよいですね。

高時給なら派遣Style

高い時給、良い待遇なら派遣です。昔と違い、人手不足で派遣写真への待遇が変わってきています。アルバイトも高時給化。派遣はさらに高くなっています。より細かな条件で探せるのが派遣Styleの良さです。


バイトの応募先