アルバイトを仕事内容と雰囲気から探す

「アルバイトの雰囲気」トップページへ
  1. HOME
  2. 応募・面接・辞めるとき
  3. 履歴書でNGな事

履歴書でNGな事

履歴書って普段書きなれていないのでなかなか上手に書くことが難しいかもしれませんね。
今回は、履歴書を書く際に気を付けなければいけない事を説明させていただきたいと思います。

まず、字は綺麗に書きましょう。
最初から綺麗に書こうとしていない方、面接官には見破られているんですよ。
「アルバイトなんだし、丁寧に書く必要はないでしょう」と思っている方も中にはいらっしゃいます。
しかし、そのように考えるという事はアルバイトを見下しているという風にとられても仕方がありません。
あきらかに殴り書きで書いているような履歴書は面接官からの印象が最悪です。
履歴書の字は出来るだけ「丁寧に見やすく」を心がけましょう。

趣味や特技の欄、志望動機や希望欄を空白にしていませんか?
空白=やる気がないと見られても仕方がありませんよね。
自分で自分の事が分からない人を積極的に雇う企業はありません。
びっしり書いていなくても良いですし、初めは不器用でもかまいませんので空白だけは避けましょう。

稀にいらっしゃるようですが、出来るだけ使いまわしをするのはやめてください。
使いまわしという事は「明らかに他の面接に落とされているなぁ〜」とバレてしまうんです。
それに「どこでも良い」という投げやりなイメージもあり、面接官によってはかなり印象が悪い場合もあります。

それから、顔写真は「最近のもの」をきちんと証明写真で撮影して貼り付けてください。
「顔写真を忘れてしまった」だとか「時間がなくて撮影出来なかった」なんて理由にもならないと思います。
なぜなら、面接の時間は予め決められていますし面接を受ける側もOKしたのですから…。
そのような理由で顔写真が貼り付けていないと面接官は飽きれてしまうでしょう。

ほとんどないと思いますが顔写真をプリクラで撮影するのもやめましょう。
たまに、証明写真としてプリクラを貼り付けている方もいらっしゃるようです。
ギャグ漫画の世界のようですが、実際にありえるんですから驚いてしまいますね。

高時給なら派遣Style

高い時給、良い待遇なら派遣です。昔と違い、人手不足で派遣写真への待遇が変わってきています。アルバイトも高時給化。派遣はさらに高くなっています。より細かな条件で探せるのが派遣Styleの良さです。


バイトの応募先