アルバイトを仕事内容と雰囲気から探す

「アルバイトの雰囲気」トップページへ
  1. HOME
  2. 応募・面接・辞めるとき
  3. 面接に相応しい服装とは

面接に相応しい服装とは

まず面接に合格しなければどんなアルバイトでも、働く事が出来ませんよね。
面接の際に面接官に好印象を与えるには「履歴書を丁寧に記入する、あいさつをしっかりとする、はきはき話す」という事の他に「爽やかで面接に相応しい服装」というものがあります。
ただ、面接に相応しい服装とはどのような服装の事なのか、悩んでしまう方も結構いらっしゃるでしょう。

具体的にはスーツ着用だと間違いありません。ただファーストフード店などカジュアルな店舗だと頑張りすぎかも。
企業内の事務仕事、大手企業の会社での面接などの場合はスーツが無難です。男性の場合、ワイシャツをきちんと着てネクタイもしっかりと締めましょう。
もちろん清潔感のある服装でなければいけませんからワイシャツに汚れはないか?きちんとアイロンをかけているか?という事にも気を配る必要があります。
清潔感のあるスーツを着用していると、それだけで誠意のある人物として認められる事があります。

ただ、必ずスーツかというとそうではありません。
清潔できちんとアイロンのかかった服装ならまずOKだと思います。
この部分が企業の面接との違いですね。変に意気込み過ぎると逆に恥ずかしい場合もあるので、お店に応じてケースバイケースです。
安いチェーン店勤務ならユニフォームがあるでしょう。そういった場所のアルバイトではそこまで正装しなくてもいいです。

ちなみに、面接に着ていくのが絶対にNGなのは、男性の場合B系など個性の強すぎる服装で女性の場合はそれにプラスして胸元の開きすぎている服装です。
「遊びに来ているのか?」と思われてしまうような派手な服装は避けましょう。
ちなみにアクセサリーですがピアスは外していくのが無難です。
特に男性のピアスは面接の場においてあまり良く見られません。

いくら派手ではなく、清潔感もありしっかりした服装であっても穴があいているものは避けてください。
綺麗に洗濯してきちんとアイロンをかけていても穴があいているだけで貧乏くさくみられてしまいます。
自分で気が付かない場所にあいている、なんて場合もありますから面接の前の日には洋服を隅々までチェックしましょう。

アルバイトの場合、カジュアルな服装で面接を受ける事もあるでしょう。
ただしジーンズだけはNGです。ジーンズは面接の際に履くものではありません。
これだけは最低限守りましょう。色落ちしていないキレイめタイプなら大丈夫ですが、それも職種店舗によりけりです。
企業内勤務やある程度品がある店舗では避けたほうがいいです。
ちなみにブレザーやジャケットを羽織っているだけで面接官の印象的にだいぶ良くなります。

高時給なら派遣Style

高い時給、良い待遇なら派遣です。昔と違い、人手不足で派遣写真への待遇が変わってきています。アルバイトも高時給化。派遣はさらに高くなっています。より細かな条件で探せるのが派遣Styleの良さです。


バイトの応募先