アルバイトを仕事内容と雰囲気から探す

「アルバイトの雰囲気」トップページへ
  1. HOME
  2. 応募・面接・辞めるとき
  3. 面接で気を付けたい「言葉遣い」

面接で気を付けたい「言葉遣い」

面接をする際に「言葉遣い」は重要視される事の一つです。
面接官は言葉遣いでその人の人間性を見ているといっても過言ではありません。
では、やってしまいがちな間違いをここで紹介させていただきます。

まずは「「失礼します」「よろしくお願いします」等のあいさつをしない」という事です。
あいさつをしないなんてその時点で第一印象が最悪です。
第一印象の良くない人は面接に落とされやすい人でもあります。
最低限のマナーさえ守れないようではお仕事を任せる訳にもいかないですよね。
恥ずかしいという方もいらっしゃるでしょうが、あいさつをしない方がよっぽど恥ずかしいんですよ。
大きな声で気持ちの良いあいさつを心がけましょう。

それから「タメ口を使って面接官と友達であるかのように話す」という事です。
相手に敬意を払っていない証拠ですね。
面接官の方によると若い年代に多いようです。
中にはタメ口で来られた場合、即落とすという厳しい面接官もいらっしゃいます。
それくらいタメ口というのは相手の方に失礼という事ですね
「他人に頭を下げたくないから敬語は使わない!」という方もいらっしゃるようですがビジネスの場面でそれは通用しません。
「最低限のビジネスマナーを守れないようでは、雇ってくれる企業なんてない」と厳しく考えるようにしましょう。

最後に「なれなれしい言葉遣い」です。
「〜っす」というのは先輩、後輩の間で使う事がありますしプライベートではさほど問題ないでしょう。
しかし「〜っす」というのは一見敬語に聞こえるかもしれませんがビジネスの場でそれは敬語として認められていないのです。
面接官からすると「私はあなたの友達ですか?」という気持ちになってしまいます。

しかもそのような方は返事も「はぁ」「まぁ」と適当な方が結構いらっしゃるのです。
返事は「はい」か「いいえ」を使えば間違いないですね。
「はぁ」「まぁ」ではやる気がないようにも見えますから充分注意してください。会話の語尾は伸ばさず「切る」ことを心がけましょう。
敬語を使った事があまりないという方は正しい敬語が使えるように日頃から練習をしておくと良いかもしれません。

高時給なら派遣Style

高い時給、良い待遇なら派遣です。昔と違い、人手不足で派遣写真への待遇が変わってきています。アルバイトも高時給化。派遣はさらに高くなっています。より細かな条件で探せるのが派遣Styleの良さです。


バイトの応募先